ドライバーや柔道整復師エンジニアのお仕事とは|手に職ナビ

整体や整骨

整骨院・接骨院などで施術を受けるときに気をつけること

 柔道整復師の施術を受けるときは、まず、負傷の原因が何であるのかをはっきりと説明することが重要です。負傷の原因が労災に当たるときや、外傷性の負傷でないときは保険が使えないので、気をつけなければなりません。  療養費支給申請書というものを記入する場合に気をつけることは、記載内容を必ず確認してからサインをすることです。療養費支給申請書とは、施術を受ける人が、柔道整復師に委任をする形で、本人の代わりに治療費を保険者に請求して、支払いを受けるために必要な書類のことです。委任の欄にサイン、捺印をするときは、負傷名や通院日数、支払った金額などの記載内容をよく確認することが大切です。  領収証を必ずもらって保管しておくことも重要なことです。領収証は、医療費の控除を受けるときに必要な書類ですので、大切に保管してきます。

柔道整復師の施術の健康保険対象にならない場合を把握しておくこと

 柔道整復師による治療には、健康保険が適応するものとしないものがあります。  整骨院や接骨院で、保険がききますという張り紙をよく見かけますが、内容によっては、保険適応していない施術があるので、保険対象外に当たるのはどのようなときなのかを知っておくと良いです。  柔道整復師の施術で保険適応外のことは、普通の肩こりや筋肉痛、癒しの為の按摩やマッサージの代わりの利用です。病気からくる痛みやこりなども保険適応外です。この場合の病気とは、ヘルニアや神経痛、リウマチや関節炎などのことです。他には、過去の交通事故や病気による後遺症や、症状の改善が見られない長期の治療に当たるものです。応急処置の時を除いた場合の、医師の同意がない骨折や脱臼の治療も保険適応外になります。  保険の対象となる施術は、急性の外傷性の打撲やねん挫、肉離れなどの挫傷です。骨折と脱臼に関しては、応急処置の場合に限り、保険適応になります。